21日 9月 2017
元気すぎると、つかまらない。 これはいろんなことにいえるかもしれません。 何かを一緒に成し遂げるための人材を探しているときなんか、すでに元気に活躍しすぎてつかまらなそうな人は、つい敬遠してしまいます。 能力を培っていて、それを発揮する場所を多少なりとも探していそうな人と巡り合えたときは、しめしめと思わずにいられません。...
20日 9月 2017
漫画に用いられる、効果線という表現。 目に見えないものや、さわれないものを表現したり、読む人の視点を誘導したりする。 静止画の面上に、動きを演出する技法でもある。 止まっている絵の中に、速度を表現できる。...
19日 9月 2017
初めて東京に上京してやってきた人が、渋谷のスクランブル交差点なんかを見て、「今日はなんの祭りだろうか」なんてことを思ったりするらしい。 僕は東京出身だしずっと東京に住んできたので、この気持ちは想像して推しはかろうとも及ばないところがある。 渋谷が毎日なんかしらのお祭りだ、なんてことはない。...
18日 9月 2017
ストレスは環境の変化につきまとう。 入学、入社、結婚や出産といった、おめでたいと思われるようなことにも必ずついてくる。 「ストレスは生きていく上で必要なもの」といったことは、今までも聞いたことがあった。 それは、何かおめでたいけれど大変さがつきまとうことに対する、励ましの解釈みたいなものかなと思っていた。...
17日 9月 2017
長く連載している漫画の1巻を見ると、最新巻のものとだいぶ絵が違うことがある。 連載が続くにつれて、絵のタッチが洗練されるのだろう。 線がシャープになり、対比がはっきりして見えるようになるケースが多いように思う。無駄な線は淘汰される。曲線の多くは流れるような滑らかな直線(真の直線ではない)に置き換えられる。...
16日 9月 2017
好きなことを仕事にすべきか、と問うてみる。 得意なことや向いていることと、好きかどうかは必ずしも一致しない。 だから、好きなことを仕事にすべきかどうかは、場合による。 好きなことと、得意だったり向いていたりすることが一致する人もいる。稀だとは思うけど。...
15日 9月 2017
憶えているというだけでは、考えたことにはならない。 考えただけでは、行動したことにならない。 行動がかならず、結果につながるとは限らない。 結果さえ出れば、自分はなにもしなくていいのだろうか。 行動してさえいれば、考えなくていいのだろうか。 考えてさえいれば、忘れてしまっていいのだろうか。 考えはじめるのにも、きっかけが必要だ。...
14日 9月 2017
本質的な相互理解なんて、あるのだろうか。 たまにそんなことについて考えることがある。 自分はこの世で1人だけだ。 限りなく近いものを共有したり共感したりすることはできるかもしれない。 同じ打上げ花火を隣の人と見たとしても、そこには体ひとつぶんの「ズレ」がある。 「同じ打上げ花火をそれぞれの観測点から体験した」としかいいようがない。...
13日 9月 2017
やってみたくなるような思いつきによって、人生は進む。 これは実現したらすごい!やらずにはおれない! という思いつきこそが、人を突き動かす力になる。 それに向かう道がどんなに険しくても、楽しくて、わくわくして、やる気が出ちゃう。 そんなアイディアこそが、人を一段高みに押し上げる。...
12日 9月 2017
明日にでもやれそうなことがある。 明日すぐにはかなわなそうなこともある。 今日やれそうなこととは結局、明日のためのお膳立てみたいなことくらいでしかない。 お膳立てのお膳立てを繰り返し、「ホラ、もう君はこの椅子に座るだけだよ。」というくらいにして昨日までがんばってきたことが、今日やっと叶うのだ。...

さらに表示する