21日 11月 2017
たくさんの人の出会いになればという思いを込めて、人はものをつくる。 つくる人は作品に自分を込めるし、受け手はつくった人を作品から感じ取る。 これにはもちろん、「自分を込めない」という選択肢も含まれる。作り手自身を作品に込めないという意図のもとに、つくられる品もある。...
19日 11月 2017
最近、月の力が気になる。 海の水を引っ張りあげて、潮の満ち引きに影響するくらい巨大な力なのだ。 人間に影響しないわけがない。 少しインターネットで検索して調べてみた。 満月は、感情が高ぶりやすく、なんでもよく吸収する。 新月は、直感が冴え、何かを手放したり整理したりするのに向く。 そんな傾向があるそうだ。...
18日 11月 2017
どこにでも本を持って歩く。 トイレにも本を置いている。 ちょっとした隙間時間でも、有効に使いたいという思いがそうさせる。 ただの知識は、役に立たない。 本を読んだり、情報を仕入れれば知識は増える。 それらは、体験と結びついて初めて自分の血肉となり、骨となる。...
17日 11月 2017
この人こそは!と思えるような、「心の師匠」を見つけられたら、幸せなことだ。 自分が尊敬する誰かになって、替われるわけではない。その人はその人でしかないのだけれど。 なれたらいいなと思えるような人に出会えたら、「その人そのものになり替わりたい!」と思えるくらいの、まっしろなこころを持ちたいと、ちっぽけな自尊心を持った僕は思う。...
16日 11月 2017
公園や体育館にたくさんのパン屋さんが集まって、販売が行われる催しに行ったことがある。 パン屋さんの「フェス」である。 入場無料だったが、来客が多すぎて、販売会場に入ることすらできない、長く図太い行列が出来ていた。 いくつかある会場の列のなかで、消化が早そうなものをひとつ選んで並んでみた。...
15日 11月 2017
ものや人をひとつの場所に集めるのは、たいへんな労力のいることだと思います。 それでも、多くの人が魅力を感じる催しには、どこにこんなにいたんだろうとばかりに人が集まってくるようです。 インターネットで、倉庫から直接家に届くような買い物が増えています。...
15日 11月 2017
フィッシュバーガー美味しい。 このフィッシュバーガーを一生昼飯に食べ続けてもいいなと、ふと思う。 一生の重みを棚上げして言うならば、である。 そんなもの棚に上げたら棚が壊れそうなものだが、今のところ問題ないようである。 僕の一生がよっぽど軽いのか、棚がよっぽど頑丈なのかのどちらかである。(あるいはその両方)...
14日 11月 2017
天才にも、見た目に平凡な日はあると思うのです。 瞬間的なすごいパフォーマンスは、日々の蓄積に支えられるものなのではないかと。 僕は音楽に取り組んでいます。 曲を作ったり歌ったり、ギターやピアノを演奏したり、ドラムやベースも入った編成のアレンジにして録音したりしています。...
13日 11月 2017
「そのものらしさ」みたいなものを、「シズル感」というらしい。 デザインやら広告やらの業界の人が使う言葉だそうだ。ぼくは自分の口に出して言ってみたことは一度もない。 そのものらしいというのはどういうことか、ひとりひとりが持っているだろうし、それらの合算である集合体としても「そのものらしさ」とはどういうものかがあるようである。...
12日 11月 2017
自分の手の届く範囲のことでないと、自分のこととして意識するのは難しい。 この手の届く範囲は、考え方ひとつで広がりもするし、具体的な手法やツールが開発されることで広がることもある。...

さらに表示する